お仕事とそうではないもの。

社会人5年目の仕事で感じたこととそうではないことのメモ代わり。

エゲツない試験勉強

夏休みを取った。
土日合わせて3.5連休。夏休みと言えるのかもビミョーなところだけども、この夏一番長いお休みになる予定である。
前は休みを渇望していたけども、最近は休もうとい思えばつでも休めるからそこまででもない。
むしろ業務の閑散期は休みを取るくらいしかやることが無いほど。恐ろしいほどにホワイトだなこの職場。

せっかくお休みを取ったので、一人でパーっとどこかに行ってくるつもりだったのだけど、意外と疲れがたまっていたようで全く動けなかった(こんなに暇なのに一体何に疲れているんだろう。)。
そして何より近々ある試験の勉強をそろそろ本気でやらないとマズイかなぁという焦りも結構あって、結局地元に留まっている。

現在、日々周囲から弄られ続けるとある試験に向けたお勉強。
みんなは学生時代に結構ガッツリ勉強してきたそうで、とりあえず当時の参考書を引っ張り出して来たよーと言う子もいるなか。
正直その頃は全く勉強していなかったのがこのワタクシです。学生時代とかいかにラクして単位取るかしか考えて無かったよね!!ありがちな愚か者です。
当時、問題集を眺めたという意味では2か月程度、本気を出して取り組んだのは1か月強だと思う。今思えばマジでお勉強を舐めていた。
その分、問題の分析とか、論文問題が作成可能なポイントの整理とか……そういうことに時間をかけた。試験は必ず二度受ける私が珍しく効率的に勉強していたし、それでなんとか切り抜けられたことは奇跡としか言えない。
学生時代は、半期ごとにレポートを10本近く書いていたこともあり、中身の無い文章を論理的にそれっぽく書ける準備だけはできていたのかもしれない。自分の中で、どうすれば評価されるレポートになるかという、論理の立て方だけは明確な方法論を持っていた。益々クズ臭が半端無い。

そういうわけで、今回の試験、私にしては珍しく早い段階で危機感を持ち、周囲には「全然勉強してないよ〜」と言っていたけど5月には勉強を開始しておりました。我ながらすごい嫌なやつだよね(笑)
でも、これまでの人生、自分の周りにはホント冗談抜きに物凄く勉強できる子たちが山ほどいたから思うけど、私なんかが勉強してる、とはとても口が裂けても言えない。正直口にするのも恥ずかしい。
いつもは「勉強してないよー」と言うときは本当に勉強していないんだけどね。
今回はそんなわけで、「全然」ではなかった。

だけど、それでも、ようやく7割取るのが精一杯!!
普通の試験は7割も取れれば通るのでは……個人的には普段は8割取って本番6割強取れば十分、って認識だけど、この試験は本番8割でも決して余裕で合格じゃないところがエグい。かなり厳しい。国公立受験のセンター試験かよ。
つまり基本は「できて当然」、分野によっては「満点が最低ライン」ってやつですよね。こんなにエゲツない試験久しぶりに見たわ。

というわけで、既に時間的余裕もなくなってきましたが(笑)
ようやく基礎知識は固めてきたので、弱点を繰り返し対策しつつ、本番までに9割取れるように持って行き、当日8割取る方向で……

ああ、うん。
逆算していくとやっぱり全然時間無いよね……
この夏休みは遊んでないで真面目に勉強しまーす。。

なにより、今暇だから落ちるとちょっとシャレにならないってのが恐い。