お仕事とそうではないもの。

社会人5年目の仕事で感じたこととそうではないことのメモ代わり。

HPを作る。システムを作る。

今年は新しいHPの立ち上げに携わっている。
と言ってもお客様向けではなく、いわゆる社内報的な色合いが強め。
社員教育の一環で、あるカテゴリーにおける情報を社員に配信するとともに、将来的には社員が執筆した記事を掲載もしていきたいという有機的なページ作りを目指している。

さて、そう言うは易しだけど、HPの作成は、これが結構難しい。
特に更新ではなく新規構築は難しいと思うわけで。
自分の中にあるイメージを、どのように指示書に落とし込んでいくか。
セキュティはどう定義すれば良いか。
まだまだ課題は山積み。

今日は久しぶりにHP作成に関係する部署との打合せだった。
ガワとしての最低ラインの構築を盛り込んだ指示書を作り、会議に臨んだのだけど……議論の中で、ああ、違うんだ、と思った。
コンテンツ担当者の話を聞いていると、新しい視点に気がついた。
ただ「読んでもらうHP」ではダメ。
ダメではないかな。ダメというか、もったいない。
せっかくイチから作るのだから、「記事を書きたい」と思わせる要素であったり、「読まなくちゃいけない」と思わせる要素を予めシステムとして仕込んだ方が良い。
そのためにはどのような仕掛けや仕組み作りが必要なのか。
HPというメディアは、本やテレビよのような受動的なメディアではなく、主体的に働きかけられる「システム」なのだ。
どのように読み手を誘導したいのか。生活の中にどう位置づけたいか。読み手が誘導される要素は何か。
そんな視点を考えた方が、より良いものが出来そうな気がする。
まだまだ、検討には時間をかけても良さそう。

もしかしたら、そのような仕組み作りの部分は、業者にお任せでも良いのかもしれない。
向こうはプロだろうから、私たち素人考えのものとは別視点でアイディアをくれるかもしれないし。

それでも、少なくともHP上で何が起こきて欲しいのかを指示書に落とし込んでおいた方が良いとは思われる。
例えば指示書に書くとすれば、こんな感じかな。
これこれこういうことを意図する仕組みを2つ以上提案し、HPに盛り込むこと、的な書きぶりとか。

例えば、「目に見えて読まれている記事」が分かるようになれば、このHPに掲載すれば社員に読んでもらえるという認知をされる可能性もある。読み手が多いという正当性。
ランキング機能を付ければ、ランキングに掲載されれば一定の満足度を付与することができるし、良い記事を書こうという競争意識も働くはず。
「イイネ!」の数が多ければ、職場の話題にもなりやすい。
我が社は異動が多いから、前の上司同僚部下とのコミュニケーションツールになれば、意外とウケるんじゃないかとか。

単純な記事掲載の媒体として考えると、手段先行のような気がしてあまり面白くなかったんだけど、意外と自由度の高いシステムと考えると、もっともっとやりたいことを実現できる自由度があるんだよね。

そう思ったら、俄然興味がわいてきた。わくわく。

読んでもらえる/書きたいと思ってもらえる仕組み作り、考えよう。

参考になるのは、Amebaとかはてなとか、もはやインフラ化されつつあるブログ系サイトの読ませる仕組みかなー。

デザインではなく、システム的な面、人に読ませるという面、もっと言えば「人の時間をいかに奪うか」という点からHP作成を論じた本は、無いものだろうか。